アーユルヴェーダでは食事、生活習慣はとても大切です。「季節に応じた食事や生活習慣を知り、それを実践する人は、体力が増し、肌艶がよくなる」といわれています。(参考記事:花粉症はデトックス!アーユルヴェーダの花粉症対策・セルフケア

今回は、アーユルヴェーダ的暮らし方として、「春の過ごし方」「春の食事方法」についてご紹介します。

冬の間に体に蓄積されたカパドーシャを調整するには、まず、体を冷やさないようにしてください。暖かくなってくると、春のファッションを楽しみたくなりますが、冷やさないように気をつけましょう。また、冷たい飲食物は避けましょう。

温めたごま油で、全身のマッサージをして巡りを整えることも効果的です。
運動をすることもよいです。だらだらとしてしまう怠惰さは、カパドーシャを増やすことになります。

そのほか、早寝早起きを心がけましょう。ポカポカ陽気は眠気を誘いますが、昼寝は禁物です。

春におすすめの食事法や食材を取り入れ、春に合った過ごし方の参考にしてください。

カパドーシャを整える食事法

消化力が高かった冬が過ぎ、春になると消化力は少しずつ弱まってきます。溶け出したカパドーシャが、消化の火を弱めてしまうからです。すべての病気は消化力の低下により発症するとされています。春にさまざまな不調があらわるのはそのためなのです。

食事をする際には、『消化力を下げない食事をすること』を心掛けましょう。

  • 消化に負担のかかるものは控える。
    揚げ物など消化に負担のかかるものは控え、消化によく胃腸に負担の少ないものを食べましょう。
  • 粘液を増やす食べ物は控える。
    たとえば、ヨーグルト、チーズ等の乳製品、バナナ、胡瓜、食べ合わせの悪いもの、新米など収穫したてもの※日本では、花粉症にヨーグルトがいい!といわれますが、アーユルヴェーダ的にはよくありません。カパドーシャを増やす性質があるため、粘液を必要以上に分泌させるためです。
  • 消化を助けるスパイスをとる。
    クミン、ジンジャー、シナモン、ターメリックなど
  • 夜遅くに食事をするのは控える。

    アーユルヴェーダ的「春」におすすめの食材

    著者撮影

    • 苦味のある食材を摂る。
      ふき、たらの芽、つくし、わらび、たけのこ、ぜんまい、よもぎ、菜の花、キャベツ、ブロッコリーなどの山野草や野菜
    • 1年以上保存した大麦、小麦、米、ハチミツを摂る。
    • お酒は、蒸留酒(焼酎、ウィスキー、ラム酒等)、ワイン、はちみつ酒がおすすめ。

    春の味覚

    「苦味」「渋味」「辛味」を意識して摂りましょう。カパドーシャを整えます。
    「甘味」「酸味」「塩味」はカパドーシャを増やすので控えることを意識してください。

    • 苦味は乾燥性がありカパドーシャを下げる。
      野草、山菜、茄子、葉野菜、菜の花、苦瓜、ターメリックなど
    • 渋味は、体内の水分や脂肪を除去する働きがある。
      豆類、葉野菜、蜂蜜、くるみ、ごま、緑茶など
    • 辛味は、経路の通りをよくする。
      唐辛子、黒胡椒、生姜など

    しかし、まず一番に意識することは、『甘味・塩味・酸味・辛味・苦味・渋味』の6つの味を一度の食事で味わうことです。

    アーユルヴェーダでは、6味を味わうことをとても大切にしています。それは、『6味を味わうと人は満足感が得られる』というからです。

    食事は、空腹を満たすものではなく、幸福感、満足感を得るためものであることを忘れてはいけません。

    春におすすめのスパイスとその使い方

    クミン消化促進 体力増強 駆風作用 血液浄化

    • クミンシード大さじ1を乾煎りにし、水500mlを加えて5分煎じて飲む。
    • クミンパウダーを炒め物や煮物に加える。

     

    生姜消化促進 強精作用 強心作用 発汗作用 去痰作用 駆風作用

    • 「生姜のスライス+岩塩パラパラかける+レモン汁」を食前に食べて消化促進。
    • ジンジャーパウダーを白湯や紅茶に入れて飲む。

     

    黒胡椒消化促進 強心作用 去痰作用 駆風作用 解熱作用

    • カパを下げる働きが強い。どんな料理にも使いやすいので、積極的に取り入れましょう。
    • 乳製品、冷性の食品を食べるときには特に意識して摂取する。

     

    ターメリック抗菌作用 抗アレルギー作用 浄血作用

    • 「牛乳1カップ+ターメリック小さじ1/4」を加えて飲む。
    • 「白湯1カップ+ターメリック小さじ1/4+生姜粉小さじ1/8」を混ぜて朝に飲む。

    春におすすめのアーユルヴェーダレシピ

    菜の花のクミン炒め

    著者撮影

    【材料】4人分

    • 植物油    大さじ1
    • クミンシード 小さじ1
    • 玉ねぎ(スライス) 80g
    • 菜の花(一口大)  200g
    • ターメリック 小さじ1/4
    • チリパウダー 小さじ1/4
    • 塩      小さじ⅓

     

    著者撮影:クミンシード

     

    【作り方】

    1. フライパンに油を中火で熱し、油が温まったらクミンシードを加えて弾かせる。
      温まっているかどうかのチェックは、少量のクミンシードと落としてみてください。
      春の食事材料切り方
      クミンシードクミン炒め
    2. クミンシードがシュワシュワと踊り、香ばしいいい香りがしてきたら、玉ねぎを加えて炒める。
    3. 玉ねぎがしんなりしたら、菜の花を加えて軽く炒め、ターメリックパウダー、チリパウダー、塩を加えて全体に馴染ませる。蓋をして弱火で3分蒸らす。
      クミン炒め菜の花

    4. 味を整えて出来上がり。

    クミン炒めを自宅で作る時のポイント

    • 炒める際に、生姜の千切りを加えてもスッキリした味わいでおいしい。
    • 豚肉などのお肉や、人参、じゃが芋などの野菜を加えてもおいしい。
    • 最後に醤油をほんの少し垂らしてもおいしい。その場合は塩を少し減らしてください。

    春におすすめのレシピ、ぜひお試しください。

     

    関連記事:
    花粉症はデトックス!アーユルヴェーダの花粉症対策・セルフケア
    家庭でできるインドの健康調味オイル「ギー」の作り方

     

    ※レシピ画像:著者撮影

    参考資料:
    VB.アタヴァレー著/稲村晃江訳(1987.7.20)『アーユルヴェーダ 日常と季節の過ごし方』平河出版社
    上馬場和夫/西川眞知子著(2002.5.10)『インドの生命の化学アーユルヴェーダ』農山漁村文化協会
    香取薫/佐藤真紀子著(2014.10.3)『アーユルヴェーダ食事法 理論とレシピ』径書房
    デイビット・フローリー、ヴァサント・ラッド著/上馬場和夫訳(2000.5.1)『アーユルヴェーダのハーブ医学』出帆新社


    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事