ディナチャリヤとは・意味

ディナチャリヤとはアーユルヴェーダで「毎日の生活習慣」のことを指します。

アーユルヴェーダでは、体質に合った一日の過ごし方をするのが望ましいとされています。

アーユルヴェーダディナチャリヤ「一日の過ごし方」

  • 朝は日の出96分前から日の出までに起床し、ベッドの中で心やからだの状態を観察し脈をはかる
  • 窓を開け換気し、大きな呼吸をする
  • 舌苔をとりゴマ油でうがいをする
  • 白湯を飲む
  • 必要があればジャラ・ネーティー(鼻洗浄)やナスヤ(点鼻)をおこなう
  • ガルシャナ(絹の手袋などでの乾布摩擦)、アビヤンガ(オイルトリートメント)をおこなう
  • 朝食前に早足で散歩をし、8:00までに朝食を摂る
  • 3食の中で昼が最もアグニ(消化・代謝のエネルギー)が高くなるので、しっかりと昼食を摂る
  • 昼寝をする場合は椅子に座ったままで仮眠する
  • 入浴は夕食前にする(夕食後にする場合は、食後2時間以上経ってからにする)
  • 夕食は日没後3時間以内に軽く摂る
  • 夕食後1時間ほど間隔をあけてから、15分程度の散歩をする
  • 就寝前はゆったりと呼吸をし、1日を振り返る
  • ヨガ、瞑想、マントラを取り入れる

ディナチャリヤを実践する際は、今までの生活を急激に変えるのではなく、1〜2週間かけて変えていくのがよいです。

 

参考資料:
上馬場和夫/西川眞知子著『インドの生命の化学アーユルヴェーダ』農山漁村文化協会
アーユルノート『古来からの贈り物アーユルヴェーダの現代における役割』

 

文=板倉由佳


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事