アーマ・パーチャナとは・意味

アーマパーチャナとは、アグニ(消化の火)を高めて胃腸の働きを順調にするというものです。パンチャカルマ前処置(プールヴァカルマ)の前段階で行います。

  1. 白湯を飲む
  2. 食事の量を減らす
    食事のときは、糖分(特に小麦製品)や脂肪分を控え、量は腹半分から八分目に留めるとよい。
  3. アグニの変動に応じた食事をする
    アグニが低下する朝と夕は、食事を少なくすることをおすすめ。
  4. アグニを高める薬草などを積極的に摂る
    代表的な処方は、スライスしたショウガと塩とレモンを振りかけたもの。

以上の1~4がアーマ・パーチャナです。

2日間続けることを、毎月もしくは毎週繰り返すだけで、軽い体調不良が改善されることもあります。すべて行えないとしても、できるものから生活に取り入れると心身全体のバランスが整うとアーユルヴェーダではされています。

アーマ(毒)はパーチャナ(熟成)させて消化しきってからでなければ、排泄できないとされています。未成熟な青い果実からはジュースが絞れないのと同様に、熟成されない未消化物が残ったままでは効果的な浄化ができないということです。そればかりか、新たな病気を作るなど、治療による反動が起きる原因にもなります(中には好転反応として起こる症状もあるとされています)。

朝起きたときに体がだるい、硬いなどの症状がある人や、打撲したわけではないのにかかとや関節が痛むなどの人はアーマが蓄積している可能性があります。アーマが蓄積している場合はパンチャカルマは禁忌とされています。

 

参考資料:
サヴァホリスティックアカデミー教本
著者 上馬場和夫・西川眞知子「インドの生命科学 アーユルヴェーダ」農山漁村文化協会; 新版 (2017/3/16)

 

文=篠原亜里彩


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事